ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

03< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>04
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 22:28:30 «Edit»
2014
02/09
Sun
Category:Hang Glider

大雪に思うこと 

16年前のあの時も大雪の後だった。
救急車両が入れない状況での大事故。
可愛がっていた後輩。俺よりも何倍も慎重な男だった。
たとえ救急車がすぐに来ても、間に合わなかったとは思う。
でも、あの時の悔しさと悲しさを忘れたことはない。


今日、四駆ハイエースで上曽峠は走れたが、その先の林道ではすぐに立ち往生して引き返した。
エリア管理者の代行を務める身として、明日はエリアクローズにすることを決めた。


タイヤチェーンをつければ山に上がれるかもしれない。でも、チェーンなしのハイエースでは走破できなかったのは事実。
救急車の走破性能も同じくらいだろう。チェーンを持っているとは限らないし、持っていたとしても脱着に時間がかかる。
明日エリアの営業を再開して、もしも重傷事故が起きたらどういう事態が起こり得るか。


自分が空を飛ぶ時は、絶対大丈夫と思える時しか飛ばない。
イチかバチかで飛んだことは、少なくともあの時より後は、ない。
講習生を飛ばすときは、確実に大丈夫だろうと思える時しか飛ばさないし、
講習生がミスをして事故が起きても、回収できる状況であることは大前提だ。
そして、講習生よりも、長年飛んでいるパイロットの方が、状況を甘く見る傾向が強い。


何年か前の学生向けの安全講習会で言ったことがある。
人が死なないと改めない、という悪弊からは抜け出そうと。


何か事故が起きた直後は、誰でも慎重になる。
しばらくすると忘れてしまい、誰かが同じことを繰り返す。

想像力を持ち続けることが大切だ、といつも思っているが、雪を見るとその思いが強くなる。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 08:38:39 «Edit»
2014
01/31
Fri
Category:World Championships

世界選手権 出場資格の変更 

先日発表されたローカルレギュレーションでは、世界ランキングで20ポイントという条件がありました。
しかし、これを満たす選手はほとんどいませんでした。
競技の安全性を確保するために出場資格を厳しくするのは良いのですが、この基準では世界の有力選手も出場できなくなってしまいます。
この点を主催者に問い合わせたところ、すぐに対応してくれました。

そして今朝、新しいエントリー資格がCIVLのnewsページに掲載されました。
http://www.fai.org/civl-events/civl-news-of-events

エントリー締切日の4年前までのカテゴリー1大会に出場しているか、
今回の世界選手権から過去3年以内のカテゴリー2大会で上位2/3に入っていること。
- Each competitor shall have competed in a Category 1 hang gliding event in the four years before the qualifying date, or placed in the top 2/3rds of pilots in a Category 2 hang gliding event during the 3 years prior to the Category 1 Championship.

これならば、出場希望の選手はほとんどエントリーできることになります。


もうひとつ、ルールの中に「出場できる選手は各国10人まで」と読めてしまう文言がありましたが、
これも問い合わせたところ、
「各クラスに各国10人まで出せる」ということで正式回答が来ました。

...that the local regulations state : "The Championships are open to all Member and Associated Member countries of the FAI who may enter any number of pilots not exceeding 10."

This must be understood as: 10 pilots per country per class.


もう一つ、新設されたスポーツクラスについては、主催者はかなり期待しているようです。
クラス1のキングポスト付き機であれば、有力選手が出場してももちろんかまいません。
腕に覚えのある方、角付きで出場して初代チャンピオンになりませんか!!
tb: (0)    com: (0)
Posted on 10:52:29 «Edit»
2014
01/27
Mon
Category:Country Life

灯油ストーブ修理 

毎朝寒いってのに灯油ストーブが壊れてしまった。ダイヤルを回しても芯が上がらない。
薪ストーブは点火して熱くなるのに時間がかかるので、朝は石油ストーブがないと困る。


道具や機械は直して使うもの。
ドライバー1本でバラして。


ふむふむ、ダイヤルの先に付いてるギアで芯を持ち上げるラックを動かすのね。



ギアは問題なし、ラックの歯の最初の2段が摩耗している。このせいで噛み合わなくなったのか。


本来ならラックを交換するところだが、こんなに柔らかい素材なら、エイヤッと曲げてしまえば噛み合うようになるはず。


動作確認してOKなので、組み直して点火。


なおったーー!
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:20:33 «Edit»
2014
01/23
Thu
Category:World Championships

スポーツクラス新設 

今回の世界選手権から、「スポーツクラス」が新設されます。

出場できるのはキングポスト付きの機体です。
FAIスポーティングコードSection7A(ここからダウンロード)の17ページ参照。

選手の出場資格は、基本的には通常のクラス1競技と同じく、過去3年以内に、30人以上が参加したカテゴリー2の大会に出場していることと、WPRS(世界ランキング)で20ポイント以上を持っていることです。
ただし、スポーツクラスに限っては例外が認められており、30人以上が参加したカテゴリー2の大会で上位2/3以上に入っていれば参加可能となっています。
大会公式サイトのローカルレギュレーション2ページ参照。

この規則から考えて、スポーツクラスはこれから競技に出ようという人の登龍門として設定されていると思うのですが、一方で、最強クラスの選手がキングポスト付きの機体の性能を最大限引き出すという競技にもなり得ます。
なにせ、出場資格の下限は決められていても、上限は決められてませんから。

今回初めて設定されたこのスポーツクラス、どんな選手が出てくるのでしょうか。
出場枠は各国6人ですが、定員は30人程度とされているので、主催者としてもそんなに沢山は出てこないと踏んでいるもようです。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 09:12:01 «Edit»
2014
01/23
Thu
Category:World Championships

CIVL登録データの訂正 

女子世界選手権に出場希望のパイロットが、WPRS(世界ランキング)で「MALE(男)」として登録されていたのと、
別のパイロットが「姓・名」と「名・姓」で別人として登録されていたので、訂正依頼を出しました。

CIVL(国際ハング・パラグライディング委員会)のサイト
「CONTACT US」を開くと問い合せフォームが出てくるので、ここに必要事項を記入して送ると対応してもらえます。

一番上の欄は、誰に問い合わせるかの選択肢。
今ひとつ確信が持てなかったので、一番上の人に出してみました。
Nicky Moss, CIVL Competition Coordinator, Jury&Stward Coordinator

2番目の欄も、大会主催者でも何でもないので「Other」にしておきました。

あとは自分の名前や連絡先を入れて、本文。

Message:
Hello,
I am Japanese Team Leader for coming HG World Championship 2014 in Annecy.

1. One of our female pilots, who is willing to participate the Womens
Worlds, is registered as Male though she has been Female since she was
born. Actually she is a mother of 3 kids.
Please correct:
Sxxxx Sxxxx
CIVL ID: xxxxx

2. Another pilot is registered as two pilots.
Sxxxx Mxxxx
CIVL ID: xxxxx
and
Mxxxx Sxxxx
CIVL ID: xxxxx
are same person.
Sxxxx is her family name and Mxxxx is her given name.

Best Regards,
Masahiro

名前とIDは伏せ字にしてあります。


即日返事が来て、訂正してもらえました。Nickyさん、仕事早いです。

女子パイロットがもう一人、男として登録されているという情報がTwitter経由で入ってきたので、こちらも訂正依頼を出しておきました。


姓名の順が逆に登録されているという例は、日本人の場合、よくあります。
別人として登録されてしまうと、世界ランキングのポイントが分散してしまって出場資格を満たせなくなる、という事態も考えられます。
自分が正しく登録されているか、確認しておくと良いですね。

これが起こる原因の一つが、エントリーフォームには「姓・名」の順で書かせるものと、「名・姓」で書かせるものがあること。
姓は「FAMILY NAME」
名は「FIRST NAME」あるいは「GIVEN NAME」
よく見て登録しないと、「Kitano Masahiro」と「Masahiro Kitano」が別人として登録されてしまうことがあります。


ここからは余談ですが、
日本人の名前は姓・名の順なので、文字通りの「FIRST NAME」は姓になってしまいます。
西洋式の「FIRST NAME - FAMILY NAME」方式が世界の大勢ということは決してなくて、世界には色々な名前の表記方法があります。
日本人の名前も、英語で書こうがイタリア語で書こうが、「姓・名」の順番を変える必要は本来ないのですが、そのまま名乗ると西洋人には勘違いされてしまうことが多いので、実用上は困ってしまいます。
私も説明するのが面倒な場合は「名・姓」で名乗ることもあります。

文字で書く場合、間違われない方法の一つは、姓を大文字で書くこと。
「KITANO Masahiro」
たとえばフランス人は姓を大文字で書くことが多く、「姓・名」の順で書いている例もよく見ます。

あるいは姓・名の間を「,」で区切って
「Kitano, Masahiro」
というように書けば、「姓・名」の順である、という意味になるはずですが、理解してもらえたことは少ないですね。
tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。