ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

05< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>07
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 21:57:41 «Edit»
2014
11/13
Thu
Category:Hang Glider

久しぶりに投稿 

春先から色々とあって、ブログをすっかり放置してしまった。

空を飛んでいて初めて大きな怪我をしてしまったが、これはひとえに風の判断が甘かったせいだ。
風があやしいとわかっていたのに、「行けるだろう」で出てしまった結果、しばらく飛べないことになってしまった。
「迷ったら安全側」の鉄則を守ることを改めて誓う。

7月のフランス・アヌシーでの世界選手権では、嬉しいニュースも悲しいニュースもあった。
現地に行けなくなった分、毎晩遅くまでトラックログを見て現地に情報を送り続けていたが、あの時のショックは忘れない。
小林さんは私が飛び始めた時の2年上の先輩で、大事なことを沢山教わった。
日本ハング女子は個人とチームの両方で優勝した。
普段から親しくしているメンバーが歴史的快挙を遂げたことは本当に嬉しい。


最近は、インストラクターとして次の世代を育てることに生き甲斐を感じている。
たとえば、言葉を尽くして基本技術を説明するのだが、旋回中の微妙な体の使い方など、伝えきれるものではない。
しかし、講習生たちはいつのまにかそういうコツを体得し、ランディングアプローチで絶妙なタイミングで旋回したりする。
これがたまらなく面白い。


さて、2015年2月~3月にメキシコのバジェ・デ・ブラボで開催される世界選手権に、チームリーダーで行くことに決まった。
治安が悪いという情報があったり、標高が高い分ランディングが難しかったりと、気をつけなければならないことは多いが、8人の選手が伸び伸びと実力を発揮できるよう、今までに積み上げた経験と人脈を活用して全力でサポートしたい。


40代は働き盛りというし、実際にそう感じているが、同時に人間の寿命も意識してしまう。
平均寿命の半分を生きてしまった以上、限られた時間の中で何をどう成し遂げていくかを考えつつ、一つ一つ実現していきたい。
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。