ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 22:52:41 «Edit»
2013
10/14
Mon
Category:Hang Glider

EJC Day4 Task3 

待望の東風が吹いたものの、強すぎる・・・テイクオフで6~7m。
おまけに雲が広がり日射が弱い。

ここまでゴール者が1名のみでは面白くないので、今日は大量ゴールを狙いたい。
同時にタスク距離も延ばすには、西に大きく流すしかない。
山沿いに細かく振った後、関城ゴールの48km。

さてテイクオフ。
3連休の最終日とあって、パラもたくさん飛んでいる。
混雑した空域を避けるのと、強風の時は風上が良い、という判断で、どんどん沖に出ると、誰もいない空域で1000mを超え、誰よりも高くなった。よしよし、幸先よし。
そのままスタート地点の猿公園へ。と、ここが渋く300mを切りそうになるが、なんとか復活。

1回目のスタートには間に合わず、じっくり上げていると、2回目でちょうど良い高さになりスタート。
アキに続いてキノコ山を取り、またサルで上げ直し。
下に何機も入ってくる。
900ほどでリムジンを取り、元のサーマルの下に戻って上げ直し。
ここで、雲底まで上げきらずに北上を開始してしまった。
足尾周辺は曇っているが、晴れている燕に一気に渡ってしまえば何とかなると思ったのだが、このあたり、少し図に乗ってしまったようだ。
上で見ていたトヨタが、まだ出るのは早いよ、と思っていたそうな。


VGを目一杯引いて、少し高く先行するリキさんを追う。
フルVGだと気持ちよく飛べてしまって、ついついスピードを出しすぎてしまい、気がつくとリキさんのすぐ下。
これは引きすぎ。

足尾山頂を700mで通過、風車の東側を同高度で通過。
燕のふところに入るが上手く上がらない。
南東に張り出した尾根で、少し高いリキさんは上がるが、こちらはリフトがまとまらず上げられない。
300mを切ったので板敷ランディングに向かい、ハーネスを開ける。
と、200mで渋いリフトに当たる。
「上がれ上がれ上がれ上がれ上がれ上がれ」と唱えながら必死に回す。
VGを半分引いているし、ハーネスも開いているので態勢が苦しいが、手を離す余裕が全くない。
400mほどまで回復したところでユウジとアキが上にかぶさってきた。
上をチラチラ見て参考にはするが、あくまでリフトの手応えを頼りに回し続ける。

500m、ユウジが山に戻った。
こちらも山に向かう。
しかし尾根の上は風が乱れているだけで上げられない。

再び板敷ランディングに向かう。
200mで渋いリフトにひっかけ、ランディング場の上で最後まで粘る。
アキが降り、ユウジも降りて、私もついに降りる。
続いてちーちゃんとミノも。

リムジンの帰りでしっかり上げなかったのが最大の失敗。

ゴールは14人。
西に発射できた選手も多かったようだ。

優勝は太田ちゃん。
地元足尾での優勝、おめでとう!

・・・
今回の大会の前の数か月間、タンデムは飛んでいたが、フリーフライトをほとんどできないでいた。
どのくらい飛べるか心配していたが、空中では常に気持ちに余裕を持っていられた。

機体の操縦も、今までよりよくわかった。
去年あたりからセールが古くなってきたせいで浮かないと思っていたが、今大会中、上げでかなわないとおもったことはなかった。リフトに合わせた微妙なピッチトロールのコントロールがわかってきたように思う。
講習生にいつも「力を抜いて空気の動きを感じるように」とか「ハンググライダーの重りになること」と説明していることを、自分に言い聞かせて飛んだのが良かったようだ。


大会運営スタッフの皆さん、ありがとうございました。
一緒に飛んでくれた選手の皆さん、ありがとうございました。
大会参加のため仕事を休ませてもらったので、講習生とスタッフの皆さんには負担をかけてしまいましたし、助っ人に来てくれたキム君には感謝しています。
これからの働きでお返しします!
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。