FC2ブログ

ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

08< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>10
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 22:16:15 «Edit»
2013
02/06
Wed
Category:World Championships

2013世界選手権回想録 その15 閉会式 

最終日の競技を終えて、優勝はマンフレット・ルーマー!
3連覇から10年あけての4度目の世界選手権優勝、本当にこの人は凄い。
アレックスは3連覇をかけて最後まで競り合ったが2位。この人は技術も高いが、ミスをしないで確実にポイントを積み上げてくるという印象だ。


チーム優勝はイタリア

毎回のように優勝しているのは、代表選手のレベルの高さだけでなく、チームリーダーやサポートスタッフの組織力が上手くかみ合っていることも大きいと思う。

そのイタリアのチームリーダー、フラビオとは毎回ユニフォームを交換している。
今回も、表彰式の前に「大事なこと、忘れてないだろうな」と声をかけられた。
いわく、「おまえとユニフォームを交換するようになってから毎回優勝している。だから今回も頼むよ」
イタリアのユニフォームは格好いいので大歓迎だし、優勝チームにあやかりたいので、喜んで交換。



さて、閉会式も終わって、機体を日本に送り返すためにショートパックして梱包



大会中は忙しすぎてフォーブスの町を歩くこともなかったので、夕食のついでに散歩。
きれいな町だったのだと初めて気付いた。

これが何だかわかる人はオーストラリア通



その後、シドニーに移動し、月曜日に運送業者の倉庫が開くまで滞在。
留学中の福富の家に泊めてもらい、現地で働いている野間と飲みに行ったりして、嵐のような日々からクールダウンすることができた。

オペラハウスにハーバーブリッジ(遠くから見ただけ)


中華街


iPot? こういうセンスに反応してしまう・・・




さて、日本代表のサポートをするようになって10年になるが、今回ほど大変な大会は初めてだった。
現地のインフラの貧弱さが想像を超えていて、携帯電話はつながらないし、インターネットもまともに使えなかった。道路事情も悪く、農場に降りた選手を回収するのに大変な時間がかかった。
大会運営側の考え方もヨーロッパとはだいぶ違うようで、ハングの技術だけでなくタフさの競争という面も重視していた。回収を終えて帰着する頃には日付が変わっていることが普通だったし、タスクも距離重視で行きっぱなしのものが多かった。
世界選手権の他にも地元で大きなイベントが開催されていたため、大会本部近くに宿が取れなかったのも大きい。我々がようやく確保した宿は、本部から30kmも離れた場所にあり、毎日往復1時間かかったことで体力を余分に消耗したことは否めない。プレ大会に出場したチームは、昨年のうちに宿を予約していたという。我々は、大会が始まるはるか前に、すでに出遅れていたのだ。

世界選手権で好成績を収めるには、もっと組織的な準備が必要だということを痛感した。
このあたりのことは、また機会を改めて書こうと思う。


日本代表、成績は目標通りとは行きませんでしたが、力を出し切りました!
皆さん、応援ありがとうございました。
この大会で得た経験は、今後あらゆる機会を通じて皆さんにお伝えしていきます。
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。