FC2ブログ

ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 19:19:21 «Edit»
2013
02/01
Fri
Category:World Championships

2013世界選手権回想録 その12 Day9 Task8 

1月15日

タスクストップから飛行禁止空域による減点の問題を話し合うため、朝早くに私だけ出動する。
ただでさえ寝不足の上に、判定の不条理に憤り、また、抗議する内容を英語で考えていたのでなかなか寝つけず、体力は限界。これではいかんと、壮行会でさやかにもらったリゲインと、出発直前にほむらさんにもらったコーヒーを飲んで気合いを入れる。

2人とも、ありがとう!!

各国チームリーダーと昨夜作った抗議文を仕上げて、連名でFAI審判員に提出。
しかし、「抗議は1選手・1国ごとに供託金を添えて提出するように」という。
これは時間稼ぎだな、という印象だが、受理されなくても困るので、チームの共益費から50ドルを拠出して、改めて抗議文を提出する。


タスクは通常通り発表された。
「ドライバーのレストデイ」だそうで、フォーブスから南方向に行って帰ってくるトライアングルタスク。
task8.jpg

私は体調不完全で運転に差し障りがあるので、第1ターンポイントまでは行くが、その先は濱里号に任せて、ゴールへの最終レグで待ちかまえることにする。

いつものようにテイクオフを見守ってから出発。
すんなりと出発できたので、先頭集団が来る前に第1ターンポイントに到着。
しばらく待っていると、40機以上の大群が迫ってきた。

(写真をクリックすると拡大します。無数のハンググライダーが見えますか?)
gaggle1 gaggle2 
集団の力は大したもので、横に広がって一斉に走り、より良いサーマルを見つけた選手の周りに一斉に集まるので、全員が強いサーマルで上げることができる。
集団から後れた選手は、独力でサーマルを探さざるを得なくなるので、進み方が極端に遅くなる。
そして、最終的には時間切れでゴールにたどり着くことさえできなくなるのだ。


日本チームの大半が第1ターンポイントを過ぎたのを確認すると、第2ターンポイント付近は濱里号に任せて、私は最終レグの真ん中あたりへのショートカットする。

ここ数日、道路にやけに黒っぽい部分があるので気になって降りてみると、やはりアスファルトが溶けていた。


靴底に粘り着くアスファルト。どんだけ暑いんじゃ!



第3レグで待っていると、日本チームは順調にゴールに向かっていく。
しかし、ちーちゃんだけが降りてしまう。
残念! しかし、毎日平均100km以上は飛んでいるのだ。
この大会を通じて、相当に技量を上げているのは間違いない。

さて、メールで送られてきた座標に向かうと、機体のそばに大きな黒い物が??
まずい。
巨大な雄牛が機体をベロベロなめているではないか。
雄牛を怒らせるとタダでは済まないので、一瞬緊張が走る。


本人は?!
よかった、離れた場所にいる。

ちーちゃんを車に収容して、さてどうやって機体を回収しようかと思案するが、相手が人間だろうと牛だろうと同じことだ。事情を話して見逃してもらうしかなさそうだ。


「やあやあ、こんにちは。驚かせてすまない。機体を片付けるので、ちょっとの間、おとなしくしててもらえないかな。この機体、この人のものなんだよ・・・」

車のエンジンはかけたまま、ドアは開けたまま、いざという時には車に駈け込んで逃げられるように。

バテンを抜いて、そのまま車に入れる。
・・・牛は動かない。

ハーネスやチップカウルもそのまま車に。
・・・牛は不思議そうに見ているだけ。
どうやら大丈夫だ。

機体も最低限のベルトを巻いてケースをかぶせ、キャリアーに載せて、タイダウンベルトも2本だけ、落ちない程度にかけるだけ。
そっと車に乗り込み、発進。柵を閉めて一安心。



日本チームの男性陣は6人全員ゴール。
ちーちゃんの機体はランディングで小破していたが、板さんと太田君が修理して翌日から飛べるようになった。

色々とあったが、平和に終わった1日だった。
あと2本、無事に飛べますように。
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。