FC2ブログ

ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

08< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>10
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 18:24:16 «Edit»
2012
01/29
Sun
Category:Hang Glider

ガレージ兼駐機庫 

ここのところ飛びもせず、何をしていたかというと。
ガレージ兼駐機庫を作ってました。

材料を何にするかでしばらく悩んでいたところ、D門さんから古材を提供してもらえたので、製作開始したのが1月2日。
01

仮支柱を立てながら枠組みを作り・・・
02

長い桁も何とか組み付け・・・
03 04

形ができると嬉しくなって車を入れてみる。
05 06

手前は薪ストーブで燃やす廃材。これもD門さん提供。助かってます。
07

ここは物置になるスペース
08

屋根垂木が付くと、ガレージらしくなってきた。屋根はまだでも、なんとなく車が守られている気がする。
09 10 11

車の前に積んであるのが、出番を待つ屋根材。
今回はフランス製のオンデュリンという材料を使ってみました。
13
繊維質にアスファルトを染みこませた屋根材で、軽くて丈夫。
耐用年数は50年という実例もあるそうです。
可燃性なので住宅密集地では使えないようですが、田舎では無問題!

・・・
私がわざわざフランス製の高級品を使うと思って「???」の読者もいるのでは?
実は安いんです。面積あたりで、ガルバニウム鋼板よりも安い。

ちなみに、購入したのは定番のジョイフル本田。
毎度お世話になってます。

全体の剛性を高めるため、物置部分の枠組みを先に作って
14

屋根材を仮置き。
何せ素人工事なので、屋根を張る前に直角を確かめておかないと、後でずれてカッコ悪くなってしまうのです。
15

なんとか誤魔化せる調整できる範囲かな
16 17

これで全体の半分
18

私の車は屋根の下、妻の車はまだ。これはまずい。
19

全体の4分の3まで張ったが・・・
21

その夜、雪が降り、翌朝は真っ白。
22
私の車だけ屋根の下で、ちょっと気まずかった。

この次の日に、全面張り終えたので、2回目の雪の時は妻の車も屋根の下。ホッ。
23 24

この後、大量の仕事を頼まれ、家にこもることになったので、工事は少しずつコツコツと。
破風板を張ったり、物置を造ったり。
25
26 27

機体を入れられるようになるには、もう少しかかりそう。
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。