ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11
10月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 21:47:11 «Edit»
2012
10/31
Wed
Category:Hang Glider

夫婦タンデム 

妻と初めてタンデム飛行しました。

板さんに見守られてテイクオフ!
tandem1

ショップ上空で手を振る
tandem2

ランディング決まった~!!
tandem3


続いて2本目
講習場の板さんと練習生に手を振る
tandem4

上空から見た新しい講習場
tandem5


タンデム飛行を教えてくれた板さん、
一緒に練習してくれたパイロットの皆さん、
本当にありがとう!!!
ハングの楽しみがまた一つ増えました。
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:18:55 «Edit»
2012
10/22
Mon
Category:Hang Gliding School

小学生とハンググライダー 

10月は3週連続で、岩手県の小岩井農場 まきば園でハンググライダーの体験飛行をしています。
大人も子供も簡単に飛べてしまうので、かなり好評です。
私が子供の頃は、こんなに簡単に空を飛ぶ方法なんて存在しませんでした。

何より、園内放送で「ただいまハンググライダーの体験飛行をおこなっております」と流れるのも良いし、人々の口から「ハンググライダー」という言葉が自然にあふれ出ているというのも、今まで考えられなかったことです。

それでも、基本的には遊園地のアトラクションとしてとらえられているので、やはり時々、「これでハンググライダーの普及につながるのだろうか?」などと弱気になってしまったりもするのです。


でも、今回は勇気づけられる出来事がありました。
とっても元気な小学生の男の子、飛ぶ前から大興奮で、歓声を上げて飛びました。
いわく、初めて乗る空の乗り物がハンググライダー。そりゃそうだよね。

そして夕方、撤収を始めようかという頃。
この子が走り寄ってきて、こう聞くのです。

「また来てくれますか?」

不覚にも、その意味を一瞬理解しそこなった後、思い出しました。
茨城県からイベントとして来ているということを説明していたのです。

「もちろん。来週も来るし、来年もできるようお願いしているところだよ」
「やった~~~!!! お母さん、来週も来ようよ!」
ちょっと苦笑するお母さん。

私は答えました。
「大人になったら、ハンググライダー習いに来てね。一緒に飛べるようになるのを楽しみにしているよ」
「うん、きっと行くよ!」
握手して約束。

この日が、この子にとって、記憶に残る1日になってくれたことを願います。
私にとっては、おそらくそれ以上に、印象深い1日になりました。
「翔」という字を名前に持つこの少年が、10年後にスクールに来てくれるという楽しみができました。
tb: (0)    com: (2)
 
やりましたね!
一人の子供がそれだけ感動しているということは、他の方も感動しておるということだと思います。
さらに、このイベントを日本中で展開すればどういうことになるか?

可能性は無限だと思います!
  by 山本み
 Re:
山本さん、ありがとうございます。
こういう大切な出会いの一つ一つを積み重ねて、ハングの輪を広げていきたいですね。
  by kitano masahiro
Posted on 13:43:10 «Edit»
2012
10/12
Fri
Category:World Championships

世界選手権の準備 その1 

世界選手権選抜ランキングは確定したものの、まだ日本代表候補選手全員の参加意志確認が取れていないので、大会準備に関する情報をここに掲載。


現地に問い合わせた結果、フォーブスでエアロトーイングによる練習フライトが始められるのは1月1日からの見込み(ちーちゃん良い質問)。
先方も、タグパイロットを何人依頼するか決めたいので、何日に何人飛びたいかを把握したいとのこと。

選手間で日程を調整し、航空券の確保をしましょう。
 ・先発組は12月31日までに現地入り、1月1日から実働開始できるように。
 ・後発組は航空券の安くなる1月1日出発(2日移動日、3日から実働開始)。
というのが目安かな?
フォーブスで飛んだ経験のある選手は後発組でも良いと思います。


グライダーの送付はモイス宛でOKだが、クリスマス休暇に入ると通関は不可能になるので、大会公式ホームページでは「12月初旬にオーストラリアに届くように」送ることを勧めている。
モイスのクリスマス休暇も要確認、問い合せ中。
早めの準備が大切。


レンタカーは恒例のトラベルジグソーで検索。何せ安い。しかも車を出してくるのは普通の大手レンタカー会社なので、何ら問題なし。

1月1日~19日で借りると
スバル・フォレスターが16万円
トヨタ・ハイエースが22万6000円
てな感じ。

次は宿の確保かな。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 22:23:05 «Edit»
2012
10/10
Wed
Category:Hang Gliding School

10月の週末は小岩井農場でハンググライダー! 

今週末から3週連続で、小岩井農場まきば園にてハンググライダー体験飛行を実施します!!

ハンググライダーのメジャー化の第一歩となるか!?
tb: (0)    com: (0)
Posted on 22:19:41 «Edit»
2012
10/10
Wed
Category:Hang Glider

East Japan Championship 

今年最後のハンググライディングシリーズ大会、足尾のEJC。

最近競技の成績が今ひとつなので、今度こそはと思っていたものの。。。

天気に恵まれず、初日は板敷にランディング後、親切な板敷パイロットに山に上げてもらいリフライトするも、結局スタート切れず。

2日目は競技開始直前に雨が降り始めキャンセル。
3日目は朝から雨でキャンセル。

4日目最終日、ドン曇りorz
西に出発する高度を稼ごうと2時間ものたうち回るが、800mも上がらない。
最後に750mほど上がった時に意を決して西に向かうが、強風でちぎれたリフトに上手く乗れず、真壁の街の強風ぶりにビビり、安全な桜川滑空場に逃げ込む。
これにて試合終了・・・

こういう条件でも、初日・最終日とも距離を伸ばす選手はいるのだから、もっと精進して上達したいものだ。

競技としては天気に恵まれなかったが、毎日の炊出しはとても嬉しいものだったし、ウェルカムパーティーは楽しかったし、何よりも全国の仲間と一緒に飛べたことが楽しい大会だった。
主催者、スタッフの皆さん、いつもありがとうございます。


さてさて、年明けの世界選手権に向けた代表選手の選考も終わったことだし、チームリーダースイッチを入れて仕事を始めますか。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 15:29:10 «Edit»
2012
10/04
Thu
Category:World Championships

世界選手権 参加枠 

オーストラリアの大会主催者から連絡が来ました。

男子5人の定員までエントリーしている15か国は、追加で6人目の枠が取れるが、出場選手はいるか?
とのこと。
もちろん、「6人目も出場希望」と回答しました。
たぶん世界で一番早く回答したと思います。


明日からのEJCで、代表選手が決まります。
選抜圏内の選手の皆さん、頑張って(でも気合いを入れすぎて空回りしないように!)
tb: (0)    com: (0)
Posted on 15:20:27 «Edit»
2012
10/01
Mon
Category:Hang Gliding School

気仙沼大島でスカイスポーツ体験会 

台風二つに挟まれた週末は、気仙沼青年会議所の主催によるスカイスポーツ体験会に行ってきました。
熱気球、パラグライダー、ハンググライダーの体験飛行に、幼稚園から小学生まで51人の子供達が集まりました。

当日は明け方から朝にかけて断続的に雨が降り、一時は開催断念も覚悟しましたが、次第に晴れ間も見えるようになって体験会開始。風向きが安定せず、気球はバーナー体験のみとなり、パラグライダーは会場を丘の上の小学校に移すなど、一筋縄では行かない気象条件。私の担当するハンググライダー体験飛行も、定まらない風に悩まされましたが、何とか全員飛んでもらうことができました。


イベントに招待して下さった気仙沼青年会議所の菅原さん、遠藤さんをはじめ、スタッフの皆様ありがとうございました。

パラグライダースクールMAPSの皆様、設営から、体験飛行のサポート、撤収まで手伝っていただき大変助かりました。ありがとうございました。
ブログ「
今日のMAPS」で、写真多数つきの記事が掲載されています。


そして気仙沼大島の皆様。
温かく迎えていただき、楽しい一日を共にすることができて、とても感謝しています。
またいつでも呼んでくださいね。


気仙沼の街の様子は、津波の被害の跡があちこちに見えるものの、港の復旧も進みつつあり、今春に訪れた時よりも活気があるように見えました。お話しした地元の皆さんからも、復興に向けた強い意志を感じました。

満潮時には船着き場付近が浸水したり、まだまだ困難な状況の中、力強く活動している皆さんに敬意を表します。今回のイベントで、皆さんを少しでも力づけることができたとしたら幸いです。
tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。