ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

01< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29.>03
02月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 17:47:42 «Edit»
2012
02/29
Wed
Category:World Championships

2012CIVL総会 

JHFホームページに2012年CIVL総会の報告が掲載されました。

HG関連を抜粋。

1. フライングスタートに関し、現行では誰もゴールしなかった場合に何のペナルティも課せられないのでこれを改める。
内容としては:スタートオープン時刻より早くスタートした時間X秒につき1点のペナルティポイントを課す。
Xは通常3秒であるが、タスクブリーフィングで変更することが出来る。
また、Y秒以上早くスタートした選手にはミニマム距離の得点のみを与える。
Yは通常300秒であるが、タスクブリーフィングで変更することが出来る。

※日本のルールではフライングの罰則は緩くしてありますが、海外の大会に出る人は要注意です。


2. スポーツクラスの選手権を他の種目(女子選手権、クラス2,5)と共に開催することが可能となった。

※キングポスト付グライダーのクラスですね。
具体的にはどう運営するのかな?
タスクを変えるとか、ターンポイントのシリンダーサイズを変えるとか?


3. これまでカテ2大会に於いて、スポーツクラス、クラス5の大会成立に必要な最少参加選手数が6人であったが、ローカルルールで決定できるようになった。

※クラス5の選手権、もっとやってほしいですね。スケールが大きいので刺激的。
まずは3月10~11日のリジッド日本選手権in足尾が楽しみ!

4. 選手権のテスト大会に於いて、3人からなる国際陪審を設置しなければならないこととなった。メンバーは、CIVLの認めた経験のあるジュリーメンバーから選ばれる。現地にいなくても良しとする。

※現地にいなくてもいいというのは新しい。ジュリーの人件費と滞在費は大会運営費(=エントリー費)にかなり響いているはず。

5. 2013年オーストラリアの世界選手権では、国際陪審のうち2名を現地にいないリモートジュリーとし、選手のエントリー費をその分下げることとする。

※おー、さっそく!

6. ヘルメットに関する規則は、そのまま継続され、EN認証を取得したものに限られる。

※去年噂になった、スピーカー取付用加工穴の問題はどうなったのだろう?
※ハーネスも認証済みのものに限られるようになるという噂の行方も気になる。


7. スプログのセッティングが許容範囲内にあるかどうかはチームリーダーの責任である。
CIVLは、メーカーあるいは試験機関のセッティングを公表し、また測定器具と方法も公表する。測定誤差は1度とする。

※測定器具と方法を公表するというのは歓迎。毎度、世界選手権の現地で、いい加減な測定をやられて困っているからなぁ。

8. 2014年フランスで女子とクラス2,5の世界選手権を開催する意向あり。

2012年は開催なしになってしまったので、これは歓迎。アヌシーらしいです。
日本でもいずれやりたいですね。
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:07:03 «Edit»
2012
02/15
Wed
Category:Hang Glider

紀の川スカイグランプリ DAY4 

最終日は高気圧どっぷりで渋めの予報?
ちょっと雲が多いかな?
day4-1
day4-2

タスク距離は控えめの63km。
龍門テイクオフ→体育館(北西4km)→お城(東南東9km)→荒川中学(西9km)→道の駅(東10km)→工業技研(西16km)→龍門ゴール(東10km)

今日も速攻でテイクオフ。
空中待機の時間は長くなるが、人数が少ないうちのほうが混雑に巻き込まれず、楽なのだ。

とはいうものの、テイクオフして5分ほどで、またもや一斉にタレてきて低くなる。
今日はむやみに動かず我慢。ゴルフ場上空の飛行禁止ゾーンを気にしながら粘っていると、スタート10分前頃にようやく高度回復。

スタート時刻。
雲底より200mほど低いが、リフトは豊富と判断して移動開始。
上空に私より高い機体が10機以上見えるが仕方ない。

機体の調整がピタリとはまり、グライドの調子が良い。
体育館を取り、お城を取り、荒川中学を取る。
後から高くスタートして抜いていった機体もいて、15~20機くらいに先行されているようだ。

しかし、調子の良い時は他人の動きは気にならないもので、割り切って自分の思うコース取りで飛ぶ。
龍門は山沿いに飛ぶのがセオリーのようだが、ここまでの感じでは川沿いの方が強いリフトに出会う気がする。
第4ターンポイントの「道の駅」には川沿いのコースで向かう。

順調に上げて進む、の繰返しで、昨日苦しんだ道の駅を高く通過。
帰り道も、ほとんどの選手は山沿いを行くが、川沿いを飛ぶ。
1人、思い切り沖を行くのは板さんのようだ。
昨日までの西風ではなく、北風。それでもわりと風速があるので、楽ではない。
シンクも意外にきつい。

船戸山の沖で、やや低く先行するゲンキが右に大きく進路変更。
私はそのまま直進。
ほぼ同時にリフトに当たるが、私の方が上昇率が良い。
1400mまで上げて最後のターンポイント、工業技研を取る。

折り返して、船戸山付近でサーマルヒット。
ゴールまで9km。
途中でシンクに当たると厳しくなるので、1100mまで上げることにする。

1050m。上がりが渋くなってきた。
北風とはいえ、若干西成分があり、北北西くらいだろう。
ちょっと予定より低いが、ファイナルグライド開始。

計器は最初のうちこそ100m余ると言っていたが、ちょっとシンクに入ると200m不足、300m不足と弱気なことを言い始める。
「シンクだからだろう、行け!行け!」
自分を叱咤して進むが、イマイチ進みが悪い。

竹房上空。
吹流しは東???
残り3km、届いてくれ!
歯を食いしばってベースバーを引く。

川の上では明らかな東風!!
山沿いに私より少し高い機体が2機、やや先行している。
あれを抜くのは無理だ。
慌てるな、確実にゴールするぞ。

残り2km。
目線ではギリギリ。
手前の河原に降りるか?
ゴールラインを切れたら対岸に降りるか?

残り1km。
ランディングはギリギリになると踏んで、ヘルメットのバイザーを開ける。
うわ、高速で飛んでいるので涙が吹き出し、よく見えない。
下を向き、ゴールをチラチラ見ながら進む。

ハーネスのファスナーを開ける。
はやくゴールに入ってくれ!

ピロリ~~ン!
鳴った、ゴールだ。
VGオフ!

さっきの先行2機が高度処理をしている。
こちらを気にして急いでくれてる。

ランディング場に飛び込む。
こちらはノーターン。アップライトに持ち替えて、先行機の隣にフレア!!!

先着していたのは8機だけ。
やった、一桁順位でゴールだ!

その後、続々とゴール、全部で38人!
龍門の最終日は名物「100人ゴール」となった。
day4-3 day4-4

閉会式。外村委員長の講話。
day4-6

表彰式。
優勝 大門選手、 準優勝 板垣選手、 3位 鈴木由路選手。
day4-5 day4-7

私は総合15位。
2本ゴールし、どちらも順位は10位。
手応えはあった。
2日目の大ポカがなければもっと上の順位を取れたので、もっと確実に飛べるようになりたい。


今回も楽しい大会を開催していただき、トノヤン、みっちゃんをはじめとする龍門の皆様、ありがとうございました。

一緒に飛んでくれたすべての選手の皆さん、ありがとうございました。
また一緒に飛びましょう。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:19:33 «Edit»
2012
02/14
Tue
Category:Hang Glider

紀の川スカイグランプリ DAY3 

大会中最高の天気という前評判。
朝から視程も良く、しっかりとした積雲ができている。
day3-1

タスクは80km。
龍門テイクオフ→ホテル(東に5km)→パナソニック(西に7km)→橋本高校(東に23km)→川辺の湯(西に30km)→龍門ゴール(東に12km)

テイクオフは今日も早め。
失う物は何もないのだ。

順調に上げ、山の裏側からのサーマルとおぼしき強いリフトで1500m。
同高度のシゲトとしゅーこが前に出て行った・・・

ふと気付くと、周囲に誰もいない。
あれ? さっきまで沢山いた他の選手は?
1000m以下に沢山いるが、他に一切見あたらない。
街を背景にとけ込んでしまったのかと、目をこらして探すが、やはり見つからない。
???
タスクキャンセルにでもなったか?
でもなぜ?

3分ほどウロウロして判明。
一斉にリフトがタレて、全員低くなってしまったのだ。
よく見ると、パラのテイクオフのあたりにまで広がって、死にもの狂いで上げようとしている機体が何機もいる。
私は運良く、一番高い所に抜けたようだ。

そのうちまたサーマルが復活してきて、下から上昇してくる機体が増えてきた。
上からかぶせて高度を維持、さらに上げる。

下から強いリフトで上がってくる機体には、さすがに抜かれる。
1000m以上にかなりの数がそろった頃、スタート時刻。
今日も駆引きはなし。即座にスタートだ。


飛ぶ前に、機体の調整についてO沼さんやワダっちにアドバイスを受けていた。
私は上げるのは割合得意だが、直線飛行が苦手。
技術の問題と思っていたら、ワダっち、機体を見て一目で見破る。
「XXXがOOOですね」
(あえて具体的なことは書きません。機体のチューニングは自己流でおこなわず、必ず良く理解している人の助言を受けておこなってください)

そこをほんの少しいじったら、びっくりするほどの違い!
VGを引くと素直にベースバーが手前に下がり、楽に高速移動ができる!

O沼さんいわく、そのかわり、旋回中の粘りが悪くなるから気をつけて乗るように、とのこと。
たしかに、今までと同じつもりで操作すると、内側に食い込んでしまう。
ロールを入れる時に意識して丁寧に入れる必要がある。


第1ターンポイントのホテルを取り、第2ターンポイントのパナソニック工場に向かう。面白いようにスピードが乗る。
ターンポイントを取って550mでサーマルヒット、これがなかなか強いサーマルで、今日は信用できない山より平地の方が良いと思った。

ほとんどの選手が山に戻って上げ直しを図るが、無視して川の上を進む。
北山の沖で800→1200m、西風が強いので、流されながら次のターンポイントに近付くことができる。
「ピラミッド」の沖で1100→1400m。
九度山で950→1400m。

第3ターンポイントの橋本高校を取って1300m。
ここまでは順調。山沿いに動いた集団よりもかなり速く動けた。
しかし、折り返した後は向い風で30kmの距離を進まなければならない。

帰りのコースも平地を選択。
往路よりもさらに沖、川の北岸を進む。
先行する3機は山に戻って、渋いサーマルで上げ直しているようだ。
平地のサーマルの方が強いので、一発ヒットすれば逆転できるはず。
失敗するかもしれないが、自分の思ったことをやってみなければ、成長することはできない。

しかし、「ピラミッド」の沖でさすがに低くなり、仕方なく山に張り付く。
高度350m。渋い。

ようやく700mまで上げて、北山の尾根を越えようと前進。
しかし、向かい風が強烈。
-5m/sのシンクに叩き落とされ、慌てて河原に逃げる。

道の駅の対岸のサブランディング。
高度180m。
ヘルメットのバイザーを開け、ハーネスのファスナーも開ける。

川の狭窄部で風が強いことに、今頃になって気づく。
降りるにも難しいな、しばらく上空待機できないかと思っていると、いきなり強烈なサーマル。強風に流されながらも、必死に食らいつく。この頃には、チューニングで変わった旋回の特性にも慣れてきた。
元々そうだったかのように、軽い操作でロールができ、思い通りにサーマリングができる。

900mまで回復。
気を取り直して山に取り付く。

350m、Lタンを見上げながら龍門テイクオフの前に回り込み、700mを回復。
パラ山を越えてJRで750m。もっと上げようともがくが、上がらない。
パラが高く飛んでいるが、どうにもその高さまで到達できない。

仕方ない、ベストポジション狙いで前進だ。
と走り出して1分後、視界の右端に、川の対岸で上げているパラが入った。
そうだ、川沿いだ、と大きく方向転換。
しかし、パラの真下に入るもスカ!
結局無駄に高度を落としてしまった。

このまま進むと、降りにくそうな場所ばかり。
安全策で、竹房に戻ってランディング。
ゴールまでは20km足りない。

この日のゴールは7人。
川辺の前後にも7人ほど降りていて、私は16位。

悪くはないが、もっとできたと思う。

前半は絶好調。
折り返した後のコース選択が中途半端だった。
そして、最後の判断ミス。
一気に行くなら行く、パラ山で上げるなら何時間でも粘って上げるべきだったかもしれない。


本部では温かいスープの配給。
心遣いが嬉しい龍門の大会。
トノヤン、みっちゃん、いつもありがとうございます。
day3-2


龍門名物、土手に並ぶグライダー。朝は冷凍マグロになっていることも。
day3-4 day3-3
tb: (0)    com: (0)
Posted on 20:00:49 «Edit»
2012
02/14
Tue
Category:Hang Glider

紀の川スカイグランプリ DAY2 

中~上層の雲が張ってくる予報。
風は昨日と同じく西が強い。
テイクオフは昨日の雪が積もって真っ白!
kinokawa day2 02 kinokawa day2 01

タスクは53km。
龍門テイクオフ→荒川中学(西に4km)→九度山鉄塔(東に17km)→ホテル(西に8km)→船戸ゴルフ場(西に13km)→パナソニック(東に8km)→龍門ゴール(東に2km)

慎重に動かなければならない日なのだが。。。
出た直後のあまりの渋さに、リフトを求めてウロウロ。
ジリ貧になり、JRの斜面まで出て、高度170mからようやくヒット。
すでにスタートシリンダーの中に入っているが、やむを得ない。

550mでサーマルを見失い、律儀にスタートラインの外に出ようとしたのが運の尽き。
龍門山の斜面はどこに行っても沈むばかりで、竹房のランディング場に降りるのが精一杯。

リフライトに上がるも、山頂に到着した時点でテイクオフクローズまで18分!
必死にセットアップ。ハーネスを着た時点であと1分。
ランチャーまであと10mのところで「あと5秒」!

無理です。
ギブアップしてフリーフライトして降りました。

ゴールは出ず、船戸ゴルフ場を取った平りんがトップ。
私がフリーで飛んでいる時に、上空を高く通過して行く機体がいたなぁ~。。。


せっかく昨日はちょっと良い成績を取ったのに、これではもったいない。

ハチに癒してもらうか~
8 8pooh

tb: (0)    com: (0)
Posted on 18:04:28 «Edit»
2012
02/14
Tue
Category:Hang Glider

紀の川スカイグランプリ DAY1 

2012/2/9
今年最初の大会、紀の川スカイグランプリの初日。

1月前半はガレージ作り、後半は怒濤の仕事で、今年になって1本しか飛んでいない。
練習不足なので、フライトの勘と体力が落ちていないか心配。

kinokawa day1 02
平日なので参加選手は32人と少なめ。
土日になれば51人に増える予定。

北西方向から雪雲が次々と発生してくる、とても寒い1日。
kinokawa day1 01
それでも48kmのタスクが組まれる。

龍門テイクオフ→荒川中学校(西に4km)→Lタン(東に6km)→パナソニック(西北西に4.5km)→九度山鉄塔(東に15km)→かつらぎ橋(西に3km)→橋本ゴール(東に11km)

タスクの要点は、九度山からかつらぎ橋までの3kmが強烈なヘッドウィンドになることと、そこからゴールまでの距離が11kmということ。これ以外は計器に従えばいいので特に気にしない。


雪を気にして誰も出たがらないので、真っ先にランチャーに立つ。
理由は三つ。
 1.セットアップ場所が後ろの方なので、待っていては出遅れる
 2.条件が渋ければ、どうせタスクとしては成立しない。
 3.タスクが成立する場合、足の速さではトップ選手達にかなわない。ならば先に出て、速い人には抜かせて先行してもらえば良い。

強風で手こずりながらもテイクオフ。
出た瞬間から上昇風で高度が上がる。
雪の日は上がるというのは本当だ。

直後にトノヤンテイクオフ。さすが地元の先生、私が手こずった風など物ともしない。

1回目のスタート時刻、高度は800m程度しかないが前進開始。
駆け引きしている余裕はない。上手い人は勝手に後から抜いて行ってくれ。

第1ターンポイントの荒川中学で350mまで下がるが、ターンポイント上空でサーマルに当たり、西風で押し戻してもらいながら800mまで回復。このころ、後からテイクオフした選手の集団が1000m以上まで上げてスタートを切ってきた。上にかぶられるのは辛いが仕方ない。

龍門テイクオフ前で900mまで上げ、第2ターンポイントに向かう。あれれ?まっすぐ走るだけでどんどん上がっていくよ。これなら余計に上げる必要はなかったな。

第3ターンポイントのパナソニックの手前まで上がり続けて1100m、ターンポイントは1000mで取る。
ここで大門さんとシゲトに抜かれる。

山に戻って上げ直す選手を横目に、日射のある北山~ピラミッドに一直線。高度は300mも落ちない。
九度山が雪雲でよく見えないので、ここで慎重に上げてこの日の最高高度1260m。
ここで板さんとユウジとスナマンに追いつかれ、抜かれる。

先行する3人がちゃんと見えるので、安心して九度山鉄塔に向かう。
ターンポイントがよく見えず大回りしてしまったが、何とかクリア。
ここで氏家さんとマツに抜かれる。
ターンポイント1個取るごとに抜かれていくのは、さすがにちょっと寂しいが、ここが腕の差。仕方ない。

次のターンポイント、かつらぎ橋を取るには、向かい風3kmを進まなければならない。
対地速度が時速20km台しか出ない苦しい状況だが、沈下が激しくなく、むしろ上がる所も多かったので、高度600mでクリア。同時にサーマルにヒット、800mで十分と見切り、ゴールに向かう。

九度山を越えたあたりで-3.5~-5m/sの強烈なシンクにはまり、一瞬ゴールし損なったと思ったが、その後は通常の沈下率に戻ったので一安心。
かつらぎ橋を取った時にO田が後ろ上方にいたので、どこかで抜かれると思っていたが、ここで来た。
私でも対地速度100km/hを超えているのに、さらに加速していく。

ゴールの地形を知らないのと、地表の風が強烈なのでランディングで無理をしたくないという思いがあり、これ以上は加速できない。

結果、150mほど余らせてゴール。9番手、私にしては上出来だ。
180度旋回して風に向かうと、ほとんど前に出ず、真下じゃないかという感じでランディング。

スタートを先に切っている分、所要時間が長いので、上位選手との得点差はあるが、作戦通りの展開なので満足満足。
kinokawa day1 04
tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。