ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

11< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>01
12月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 23:57:19 «Edit»
2009
12/23
Wed
Category:Hang Glider

Ashio Xmas Cup Day 5 

ついに最終日。
今日のデイクオリティーが0.5を超えないと、大会が不成立になってしまいます。
タスクコミッティーも頭をひねって、沢山の選手が距離を飛べるタスクを考案。

板さんの詳細な気象情報を聞き・・・
briefing

西側の気温が上がるまでじっと我慢。
waiting

フリーフライトのパラが粘れるようになってきたので、我慢しきれなくなったしゅー子がテイクオフ。
あとは活きの良い人達が続きます。
私は風が弱まったので東に構えていましたが、「西でみんな粘ってるよ」と聞いて、今日は長いものに巻かれようということで西に変更。「誰もいないよ?」「右に流して、見えないところで頑張ってる」
出てみてびっくり、たしかに粘っているけど、みんな加波山の石切場でテイクオフレベルより低くなってるじゃありませんか。
「だまされた~!」

しかし、加波山に近付くと早速リフトに当たり!
上げが渋くなったところで、みんななぜか沖に出していきますが、さらに奥へとつっこんだ方が良さそうなのでためらいなく燕山方向へ。ヒロシさんとP部長と宍戸やんと良いリフトに入り、燕山をトップアウト。板敷を見るとキングポストつきが何機も浮いてるので、迷わず突撃。吾国山のターンポイントを一番乗りでゲット!

難台山周辺はリフトが続いているので、高度を落とさないように真家→板敷を取る。
さて、ここで難題。
ゴール方向に流すには高度が足りない。
低くこぼれていく選手がチラホラ見えるが、ここは自重し、上がるチャンスを求めて尾根沿いに流す。
しかし、いかんせん冬至の翌日の午後2時半、ぼちぼち時間切れが近い。
難台山で620mほど上がったところで意を決して裏に飛び込む。

裏の山の石切場に7~8機集まっているが、直接下につくのはリスクが高いので、右側の低い尾根に取り付いて、そこからジワジワ寄せる。回していると風下にこぼれそうなので、前に出して探ると、強いリフトにヒット。
上の集団がかぶってくる。
これ以上上がらない、というところでゴール方向に流す。

友部の街が大きい。
追い風だから越えられるか?
ちょっと高度が足りないか?

・・・やはり無理、ということで、街の手前の広い空き地に降ろして終了。

私は今日の8位、総合で9位になりました。
ポイント大会で一桁入りは初めてで、嬉しい限りです。
でも、順位以上に、自分のやりたいように思い切って飛べたことが、何よりの収穫でした。

セーフティーコミッティーになったことで、普段よりも予報を真剣に調べ、山に上がってからも状況の変化をよく観察していたことも良かったと思います。



大会本部に戻り、焚火を囲んで皆で語らう。
bar1bar2bar3


優勝は我らの板さん! さすがです。
winners

女子トップ3
ladies
さのさんは総合でも2位。
上げも上手いし動きに無理がない。お見事です。


そして今大会の最大の功労者
sigeto
渋い条件ながら、最後の最後でデイクオリティーが0.8を超えて大会成立したのも、シゲトのがんばりに天が応えてくれたのでしょう。素晴らしい企画をありがとう。


年の瀬に全国から集まり一緒に飛んでくれた全ての選手とスタッフの皆さんに感謝します。
来年も良い年になりますように。
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
Posted on 21:25:18 «Edit»
2009
12/22
Tue
Category:Hang Glider

Ashio Xmas Cup Day 4 

今日も渋い条件でゴールも出ませんでしたが、なんとか競技成立。
難台山の尾根を往復した後、笠間→内原ジャスコというタスクを設定。

風は南西、気温減率は良いものの気温が上がらない。
地表気温が8℃を超えないと接地逆転がブレークしないとの情報。
西側の気温は7度以下。一方、東側、八郷盆地の気温は10度以上。

南西風が弱まってきたところで、コカジと目が合う。
「行っちゃう?」「行きますか」
吹流しが垂れたタイミングでコカジが東斜面ダッシュ!
続いて私もダッシュ!
コーゾーさんとゲンキも出てきた。
サル壁で荒れたサーマルと格闘する。

500mで打ち止めになり、しびれを切らしたコーゾーさんが真家方向に突撃。
私は確実に進もうと板敷方面へ。コカジは東に流して700以上上げたようだ。
自宅上空付近から弱いのをひっかけ、板敷前山で+2ヒット、吾国山で立ち上がって700m
見るとコカジが真家方向から引き返してくる。足尾方面からの後続機は見えない。
よし、今日は2人だけでゴールだ!

しかし、南西がしっかり入っていると思い込み、難台山の尾根を低く走ってしまったのが失敗。
このあたりは南~南東風で、風がなめてしまってリッジがかからない。
真家のターンポイントを取って難台ふもとにランディング。

降りてしばらくすると、かろうじて吾国山を取ったコカジが降りてきた。
そして、上空には無数の後続機。。。

粘りと丁寧さを欠いてしまった。
しかし、今回の大会では、自分なりの作戦で自信を持って果敢に飛べているので、悔いはない。
自分なりの飛び方をすれば反省点も明確になるし、一本のフライトでより多くのことが学べる。

果敢に飛べている一番の理由は、上げに自信がついてきたから。
私のZ9は浮きが良く、ハンドリングが楽な上、荒れていても挙動が安定していて全然怖くない。
おかげで思い切った飛び方ができる。
良い機体に巡り会えて本当によかった。


さて、明日は最終日。
なんとか大会成立するよう祈ります。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 21:22:26 «Edit»
2009
12/21
Mon
Category:Hang Glider

Ashio Xmas Cup Day 3 

今日もド強風でキャンセル。
残念です。
windy

板さんの気象解説
briefing
親分、キャンセルを宣言
cancel
tb: (0)    com: (0)
Posted on 20:35:13 «Edit»
2009
12/20
Sun
Category:Hang Glider

Ashio Xmas Cup Day 1 & 2 

初日はド強風で無念のキャンセル。
cancel

皆で作ったサンタバーは好評。可愛いサンタに怖いサンタ。寒い日に熱いコーヒーは最高。
santa

キャンセルなので家に帰ろうと思ったら、We Love Ashioの編集会議やら、来年の世界選手権の打合せやら、焚火用の薪集めやらで、結局多忙な一日。



2日目は渋いコンディションながらも競技成立。
私もセーフティーコミッティーに選ばれたので緊張しながらもタスク設定に参加。
task committee

親分が清書して
oyabin

板さんの解説を聞いて。
briefing

結局渋すぎてゴールは出ませんでした。
明日に期待しましょう。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 20:48:29 «Edit»
2009
12/06
Sun
Category:Hang Glider

Ashio Xmas Cup - Need more pilots!!! 

今日はフライト後に温かいコーヒーを出すためのカウンターを作りました。
チーム中堅の知恵と力で、なかなかの仕上がりになりました。

bar01bar02bar03

着々と準備していますが、エントリー数が伸び悩んでます。
参加してくださる皆さんが楽しめるよう、若手が頑張って色々考えていますし、
引きの強いメンツで準備しているので、きっと良い条件になるはずです。
ためらっている皆さん、是非エントリーして一緒に飛びましょう。
エントリー締切は12/9!
よろしくお願いします!!
tb: (0)    com: (0)
Posted on 22:51:58 «Edit»
2009
12/02
Wed
Category:Hang Glider

Instructors' updating seminar 

教員・助教員更新講習を受講しました。
以前取ったハングの助教員が期限切れになってしまっていたのです。
これからやりたいことのために教員資格が必要なので、この機会を待っていました。

講師は桂さんと板さん。
東北から岐阜まで各地から受講者が集まりました。ハング8名パラ2名。
大御所揃いで緊張します。

午前中は実技試験、午後は情報交換や学科試験で、無事合格。
年明けに予定されている教員検定会で受験して教員を目指します。
更新講習1更新講習2
tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。