ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

11< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>01
12月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 17:30:32 «Edit»
2008
12/13
Sat
Category:Hang Glider

Flight Plan 

2008年最後の月例会

朝からドン曇りで、タスクを組むことさえできないかと思いましたが、昼前から日が差すようになったのでタスク決定。

猿公園→加波山→豊後荘病院→スーパーカドヤ→東ランディングゴール
タスク距離は短いものの雲底600m程度なので難易度は高め。

最初サル壁で少し上げるが、追い切れずパラ前に流れる。が、ここも渋い。猿公園に向けてさらに南下しつつサーマルを探る。猿公園の向こう側が明るいのは見えていたが、ここで弱気になって東ランディング寄りにリフトを探りに行ったのが失敗。高度を無駄に失う。かまわず猿公園に突っ込んだ大門さんが上空を通過していく。しまった、上がらなくてもモーターパラに降りてしまえば良いのだった!
COOショップ上空で250mから350mほどまで上げ返し、再度猿公園に向かうも、沈みが激しく断念。結局、オータちゃんと大門さんがゴール。参りました。

大門さんのアドバイス:
まず、パラ前を離脱するのが早すぎる。もう少し上げてから動かないと。それに、猿公園の向こうで上がっている機体がいたのに対し、パラ前から東ランディング寄りの空域は全く上がっていなかったのだから、そこでウロウロするのは無駄。沈下の少ない空域、ステイできる空域、上がる空域というように考えて、とにかく降りないようにしないと。

教訓:
上げ切れれば行ける、上げられなければ降りる、という程度の選択肢しか考えずに飛んでいた。猿公園をギリギリで越えられるかどうかという高度になる可能性は、飛ぶ前に考えることができたはず。それなら、メインランディングに戻って来られなくてもモーターパラに降りるという選択肢は当然想定できた。「飛行機乗りの3割頭」で、空中ではどうしてもバカになるので、飛ぶ前にもっと色々なフライトプランを考えておき、余裕を持って判断できるようにしておいた方が良さそうだ。
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
Posted on 21:25:04 «Edit»
2008
12/09
Tue
Category:Hang Glider

Ashio December 7 

高気圧に覆われて風は弱く、前日の寒気がまだ上空に残っていて、絶好の予報。
9時台からすでにパラが1500mほど上がっている。
ハングテイクオフは西風と東風が押し合ってなかなか出られなかったようだが、やがて続々と出てはバカ上がりしていく。北に向かった人たちは、笠間や茂木あたりまで行って余裕で帰ってきた模様。
私はテイクオフしてファスナーを閉めようとしたら、引っかかって閉まらない!
低空でモゾモゾしていると危ないので、とりあえず上げきる。猿壁で+3m/sに乗り、1500mで離脱して、人のいない空域に逃げてファスナーを閉めようとあらゆる姿勢でもがくが、どうしても閉まらない。
寒さと足の突っ張りに耐えられず、燕と筑波を往復しただけで終わってしまいました。
降りてからファスナーが開きすぎないようにするベルクロを縫い直しましたとさ。orz

High pressure covers the area. Cold airmass is still remaining. It must be a good day.
Even before 10 AM some paragliders are flying as high as 1500m.
The wind at the hang gliders' take off was variable and people had some difficulty to launch. But eventually they launched and climbed rapidly. Many pilots headed north and turned at Kasama or Motegi, 20-30km away, and returned easily.
Immediately after I launched I found myself in a difficult condition. The fastner of my harness stacks and cannot close! Struggling at low altitude is dangerous. I decided to climb up first. A nice +3m/s brought me to 1500m quickly and I escaped to the airspace where nobody around. I tried to close the fastner with many different body position but I could not.close it.
The cold temperature and fatigue of legs forced me to land. I just got turn points of Mt. Tsubame and Mt. Tsukuba.
After landing I repaired my harness. I just stitched a small velcro tape that prevents the slider from stacking at the tail end of the harness.
tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。