ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12
11月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 20:00:15 «Edit»
2008
11/25
Tue
Category:Hang Glider

Ashio November 22 

3連休初日は久々の晴天、寒気も入って良さそうな雰囲気。


ATOS-VRタンデム!
最近板さんとATOS-VRでタンデムしているしゅーこ、今日はミノルとタンデム。トップパイロット達と一緒に飛んで、沢山のことを学んでいるのでしょう。
VR tandem 1
VR tandem 2

ウェーブ!
ウェーブに乗って、ゲンキは3100mまで上昇!上げ切って風下側に走ると、GPSの対地速度計が150km/hを示したそうな。。。
コカジも2200mまで上昇し、わずか5km離れた難台山上空からランディング場に帰ってくるのに1時間かかったそうです。


私?
1300mまでは上がったものの、攻めどころがわからず、足尾と燕の間を行ったり来たりしただけで、最後は東LDに降りました。物足りない。


The first day of 3 consecutive holidays. Fine weather and cold air is covering Japan. We could expect a nice day.


ATOS-VR Tandem!
Shuko, who has experienced a few tandem flights with Itagaki's ATOS-VR last weeks, flew tandem with Minoru today! She must be learning a lot from those top pilots.

Wave contact!
Some pilots contacted the wave!
Genki climbed to 3100m ASL! When he climbed out and turned downwind, his GPS displayed 150km/h!!!
Kokaji climbed to 2200m and took 1 hour to return to east landing zone from above Mt. Nantai, just 5 km away.


Myself?
Just wandered around Mt. Ashio and Mt. Tsubame, landed on the east landing zone. Not good enough.
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
Posted on 00:05:41 «Edit»
2008
11/22
Sat
Category:World Championships

2009 Worlds Entry 

来年の世界選手権について、参加枠が縮小されるという話があちこちから聞こえてきましたので、公式ページRegistrationを全文訳してみました。

うじーえさんの解釈通りですが、4人x20か国で80人、少数参加の国から合計20人来たとして100人、追加枠が1巡して120人。しかし、ここで117とか118とかで、ギリギリ120人を超えなければ、130人まで追加募集されるわけです。現在、WPRSにおける日本の国別順位は18位。うじーえさん、ひょっとするとひょっとしますよ・・・

で、国別順位を上げる方法ですが、国内大会をできるだけカテゴリー2で開催することと、できるだけ多くの選手が有効なスポーティングライセンスを保有して参加することです。これで「国際大会におけるポイント」が高くなるので、国別順位は確実に上がります。

しかし、せっかく主催者側が頑張ってカテゴリー2で大会を開催しても、スポーティングライセンスが切れている人が多いと、その大会の価値が下がってしまうので、WPRSに反映される得点が低くなってしまいます。たとえば、板敷スプリングフライト2008には60人参加していますが、WPRS上では参加選手37人という扱いになっています。

「世界選手権に手の届かない、下々の選手にはどうせ関係ない」と思ってスポーティングライセンスを取らなかったり切らしてしまったりする心情はわかります。私も自分が世界選代表選手になれる自信はまったくありません。でも、こういう形でエントリー枠を1つ損して、ふだん大会で競い合っている仲間が出場機会を逃してしまったら、悔しいではありませんか。


17th FAI Hang Gliding World Championship
From June 20th to July 4th
Entry Information
第17回FAIハンググライディング世界選手権
2009年6月20日~7月4日
エントリーの案内


1.1 The 17th FAI Hang Gliding World Championship is open to all Member and Associated Member countries of the FAI who may enter any number of pilots holding a valid FAI sporting licence in accordance with the following procedure and up to the limits specified in 1.1.5:
第17回FAIハンググライディング世界選手権は、全てのFAI加盟国及び準加盟国の参加を受け付ける。各国は、下記の手順に従い、1.1.5に示す範囲内で、有効なFAIスポーティングライセンスを保有する選手を派遣する。

1.1.1 Each NAC is invited initially to submit a team of up to four pilots (and this may comprise any combination of males and females) by 31 January 2009. A deposit of 100 euros per pilot must be received by this date to reserve the places. (The deposit is non-refundable).
各NACはまず、2009年1月31日までに最大4名のチーム(男女問わず)を申請する。この締切日までに、選手1名あたり100ユーロの供託金が受領されないと、4名の枠は確保されない(供託金は返還しない)。

1.1.2 If the total number of pilots registered, with deposits paid, at 31 January 2009 does NOT exceed 120, an extra allocation of 1 pilot per team shall be offered to nations, in descending order of the nation WPRS ranking (on 1 Febuary 2009) to bring the total maximum number of pilots to 130. In this allocation process France, the host nation, will be treated as equal to the nation ranked highest in the WPRS.
2009年1月31日の時点で、供託金を支払ってエントリーした選手の総数が120名を超えなかった場合は、2009年2月1日時点のWPRS上位の国から順番に1名ずつの選手を追加することができる。この場合の最大選手数は130名とする。開催国フランスは、WPRS最上位の国と同等に扱われる。

1.1.3 Pilots entered in the extra allocation process will not form part of the national team until all nations who entered a full team of 4 pilots initially have been offered a further place.
当初から4名の枠を確保していた全ての国に対して追加枠の募集が行なわれない限り、追加された選手は、ナショナルチームのメンバーには数えられない(チーム得点に貢献しない、個人参加の形になる)。

1.1.4 Any places that subsequently become available will be offered according to this allocation process until the allocation deadline of 20 May 2009. A second round of allocation will only be offered if the first round results in fewer than 120 pilots entered.
上記の手順に従い、締切日である2009年5月20日まで、追加枠への募集を続ける。1周目の終了時点で選手総数が120名を超えなかった場合のみ、2周目(6人目)を募集する。

1.1.5 The maximum number of pilots entered by each nation shall not exceed 6 and the maximum team size shall not exceed 6
各国からの選手総数(個人参加も含む)は最大で6名とし、チームサイズも最大6名とする。

1.2 Entries must be made on the official entry form by the following registration dates:
エントリーは、下記の日程に従い、公式エントリーフォームを用いて行なうこと。

A: NAC/Nations registrations - nomination of team of up to 4 pilots by: 31 January 2009
Deposit of 100euros (non-refundable) per pilot must be paid by: 31 January 2009
Confirmed pilot names, and payment in full to be made by: 1 April 2009
NAC/国による登録:最大4選手によるチームの参加表明:2009年1月31日まで。
供託金(返還しない)(選手1人あたり100ユーロ)の支払い:2009年1月31日まで。
参加選手名の確定、エントリー費全額の支払い:2009年4月1日まで。

B: Allocation round (minimum 10 places to allocate) to begin on: 1 Febuary 2009
追加メンバーの募集開始(追加募集枠は最低でも10名分):2009年2月1日

Payment in full for additional pilots to be made within 20 days of offer, and by 20 May 2009 latest
追加選手のエントリー費全額支払いは、募集日から20日以内とし、(募集開始が遅かった場合でも)最終締切りは2009年5月20日とする。

If the names of the pilots have not yet been decided, then you may initially enter the names as Pilot A,Pilot B etc, then providing that the deposits are paid by 31 January 2009,these places will be reserved for your Nation until 1 April 2009,when Pilot names must be confirmed and the entry fee paid in full.
参加選手名が確定していない場合は、とりあえず「Pilot A」「Pilot B」等としておき、2009年1月31日までに供託金を支払えば、2009年4月1日まで、その枠は確保される。4月1日までには、選手名を確定し、エントリー費全額を支払わなければならない。

Nations may substitute confirmed and paid up pilots up until the start of the Championships.
各国は、大会開始前ならば、参加確定してエントリー費全額を支払った選手を、補欠の選手と差し替えることができる。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 22:51:10 «Edit»
2008
11/04
Tue
Category:Hang Glider

Road to XC 250km 

ソアリングシステムの金井さんに頂いた山形のハンググライディングマップ。足尾から200km超えを目指すならば、ここを通ることになるでしょう。XC仲間と鳩首して検討したところ、山形空港の飛行禁止空域が予想外に広いことがわかりました。これは厳しい。
良い手が思いつくよう、玄関の扉に貼って、毎日眺めて妄想を練ることにしました。
road to yamagata
yamagatamap

Mr. Kanai gave us the map of southern Yamagata. We will fly here when we try to fly over 200km from Ashio. Our XC mates discussed on this map and found that the Yamagata airport has much wider approach zone than we expected. It seems quite difficult to avoid it.
I put this map on the door of my house so that I will happen to find a good solution.
tb: (0)    com: (0)
Posted on 21:32:48 «Edit»
2008
11/03
Mon
Category:Hang Glider

Pink Cup 08 

日大EPOの恒例行事ピンクカップに初参加しました。

機体と技量でハンデをつけるので、ハングもパラも、飛び始めたばかりの初心者も世界選出場の上級者も、同じ土俵で競い合えるのがこの大会のいいところ。
天気予報は2日とも雨でしたが、なんとか両日とも飛べて、楽しい大会になりました。

学生の運営なので稚拙さもありましたが、地元でスクールを経営する金井さんはニコニコしながら見守っています。いわく、
「上を目指す大会も当然あってしかるべきだが、こういう敷居の低い大会を盛り上げることも重要」
「学生達が、社会に出る前にイベントを運営することの楽しさや難しさを知るのは良いこと。だからあえて口を出さず見守ってるんですよ」
うーん、大人の余裕ですね。

pink01
pink02
pink03
pink04

2日目は十分一名物の雲海出現!
前線が接近しているので、接地逆転が解消される前に飛んでしまわないとアウトのはず。
私は一応機体を組んだものの、初日に飛べなかった人に飛んでもらえるよう、テイクオフサポートに専念しました。案の定、6割ほどの選手が出たところで雨がポツポツ。前線の第一波でしょう。本隊が来るまでの合間に飛んでしまった上級者もいましたが、私は早めの撤収。無事これ名馬なり。

豪華賞品多数を分け合って閉会。楽しい連休になりました。
pink05cloudsea
pink06cloudsea
pink07cloudsea
pink08cloudsea

I have participated the Pink Cup, held by the Nihon University HG/PG team "EPO", for the first time.

Every pilot, hang gliders and paragliders, from very beginner trainees to the national team pilots, compete the same task with handicaps on their gliders and their licences.
Although the weagher forecast was rain for the 2 days it turned better and we could enjoy flying both days.

The organization by the students was not so good but Mr. Kanai, who runs his PG school here was always observing them with a smile. He says:
"Not only the high level competitions, but also this kind of "open for everybody" competition should be promoted more."
"It is good experience for the students to know the pleasure and difficulty of organizing an event before they graduate and starting their career. That is why I am just watching on them."
I admire his matured personality...

Day 2 opened with the famous "cloud sea" of Mt. Jubuichi.
As the frontal system is approaching we must finish flying before this ground inversion layer breaks up.
Though I had set up my glider I decided to help the beginners who could not fly yesterday. It started raining when about 60 % of pilots had launched. This must be the primary part of the frontal system. Some expert pilots flew before the main body of the front reaches. I decided to backdown. Safety is top priority.

Sharing the great commendations and the event fininshed. Thanks to the nice weekend!
tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。