ハンググライダーと旅の記録

 

Hang Gliding Japan

03< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>05
04月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 18:33:14 «Edit»
2008
04/30
Wed
Category:Hang Glider

The Thermal Flying Published! 

My latest translation title , the Japanese version of "Thermal Flying" has just been published.
Today 8 copies were sold (ordered) at the Nature Club Osa. Do people want my autograph? No, they should not. My handwriting is not neat and I do not want to contaminate their books! Anyway they just ordered and they will get their books later, maybe after I will have left here in the next week.

I also heard from Mr. Katsura that Sports Opa Kite sold 8 copies yesterday.
I appreciate his effort to recommend the book to his customers.

I am very happy to hear these news. Not only because my job evaluated, but also many people are enthusiastic to improve their knowledge in spite of the high price of the book, JPY 5200.

I would like to suggest you to read it, apply the knowledge in your flights, and then read it again to cofirm the lessons you learnt. I am sure you can make more confidence to find and utilize thermals thus become able to fly further than ever before.

私の最新翻訳本「サーマルフライング」が発行されました。
大佐ショップでは今日8冊お買い上げいただきました。訳者のサインが欲しいって? やめた方がいいですよ。私、字が下手なので、せっかくの本を汚したくありませんから。いずれにしても今回は注文していただいただけなので、実際日本が届くのは私が来週大佐を去った後になるでしょう。

Katsuraさんからも、OPAショップで昨日8冊売れたと伺いました。たくさんのお客さんに勧めていただき、ありがとうございました。

沢山の人に本を買っていただいて、本当に嬉しく思います。自分の仕事が評価されたというだけではなく、高い本(5200円)にもかかわらず、フライトの知識を高めようという熱意を持った人が沢山いるということが嬉しいのです。

この本は、読んで得た知識を実際のフライトで試し、降りたら読み返してフライトの教訓を身に付ける、というように使うと良いと思います。こうすることで、サーマルを見つけて利用することに自信がつき、今までよりもっと遠くに飛べるようになるでしょう。
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
Posted on 18:32:31 «Edit»
2008
04/30
Wed
Category:Hang Glider

XC Challengers 

Day 2 in Nature Club Osa PG School.
The strong westerly is blowing. The main take-off orients east. So paragliders gave up to fly and practiced ground handling at the landing field.

But there are people who desire this condition. The young and enthusiastic hang gliders arrived from OAK club in Tottori. They aim to fly as far as Lake Biwa, 200km away! They need strong westerly though the Mt. Osa take-off is east side of the mountain.

In the meteorological wind of 5 m/s westerly they launched into the east launch when the wind calms down. They climbed out in the rough thermals and started gliding to the east. Paraglider pilots just looked up and thought they were crazy...

The result was:
Nakano flew 110 km!
matsu, yusuke, and muta flew around 50km.

I realized their toughness and enthusiasm to fly harder.

Osa Launcher

ネイチャークラブ大佐での2日目。
西風強風が吹き荒れてます。大佐山のメインテイクオフは東向き。パラの皆さんは早々とフライトをあきらめランディング場でグランドハンドリングにいそしんでます。

しかし、この条件を求めてわざわざ来る人たちがいました。鳥取のオークハンググライダークラブから、若きハングマニアが4人。彼らのねらいはもちろん、200km先の琵琶湖まで飛ぶこと。そのためには、たとえ大佐のテイクオフが東向きだろうと、強い西風が必要なのです。

本流の風は5m/sの西でしたが、風の止まった瞬間をねらって全員テイクオフ。荒れたサーマルを上げ切り、次々と東に発射していきました。パラの皆さんはただ上を見上げていました。アホだなあと思いながら・・・

結果:
Nakanoさん、110km!
matsu、yusuke、mutaの3人は50km前後

気合いの入ったハング乗りたちの、タフさともっと飛びたいという熱意を改めて感じました。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 20:54:49 «Edit»
2008
04/26
Sat
Category:World Championships

Part 2: Beer Mag Project 

Our team member Sayaka made nice designed beer mag cups. Her family runs a pottery in Mashiko town, a famous pottery town in Tochigi prefecture.
We are going to sell them and the profit will be used for our expedition.
They are very good design and I want to buy some as suuvenir.
The price is JPY 2000 for one and JPY 5000 for 3.
Shipping cost is JPY 1000 in any place in Japan and for any number of the cups.
We are asking HG/PG shops to take orders so that people can receive the cups at the shops.

Today I have asked Shingo to deal the mag cups at the Nature Club Osa shop and he accepted my request with readiness.

Meanwhile the young friends of us reported that they made a promotion activity at the party in the Nanyo Sky Festival hang gliding competition and many people had ordered the cups. Furthermore some hang glider shop owners accepted to deal the cups at their shops. They will do it not for profit. It is great to hear this kind of story and it is one of the reasons why I love hang gliding society.

Beer Mag Cups
女子世界選手権メンバーのsayakaが可愛らしいデザインのビアマグカップを作ってくれました。実家が栃木県益子町の焼き物屋さんなのです。

チームの広報活動の第2弾として、このビアマグを販売し、利益を遠征費に充てることにしています。

とても良いデザインなので、私も記念に買おうと思っています。
値段は1個2000円、3個まとめて買うと5000円の設定です。
さらに、個人で注文した場合は送料がかかってしまいます。日本国内であれば、個数に関係なく1000円になります。そこで、全国のハング/パラショップに、注文をまとめ、ショップで配布していただけるようにお願いしています。

私は今日shingo先生に大佐ショップで扱ってもらうようお願いし、快諾してもらいました。

一方、南陽スカイフェスティバルのレセプション会場では、若い仲間たちが広報活動を買って出てくれて、かなりの方に注文をいただいたようです。さらに、大会に参加しているハングショップのオーナーさんたちが、それぞれのショップで注文のまとめと受け取りを引き受けてくださることになったようです。こういう話を聞くと本当に嬉しくなります。私がハング仲間って本当にいいなと思うのは、こういうところなのです。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 19:06:28 «Edit»
2008
04/25
Fri
Category:Hang Glider

Go West 

I just arrived Mt. Osa. I am going to help the school job for 2 weeks. My old friends, Yamashita and Tonozuka welcomed me. They look very well.

20080425190626

大佐山に着きました。明日から二週間、スクールの手伝いをします。久しぶりに会った山下君も殿塚君も元気そうでした。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 19:24:16 «Edit»
2008
04/22
Tue
Category:World Championships

Please contribute to the Team Japan - Part 1: Love Letter Project 

WE NEED YOUR CONTRIBUTION!

The cost for our expedition to the World Championship in Italy will be enoumous. The air ticket, glider shipping, rental cars, fuel, accommodation, and the competitors share all the travel cost for the team leader and assisstants. It will cost some 700 thousand yen (USD 7000) per competitor.

So we are preparing some projects to gather contributions and to PR the activities of our team.
The first one is the "Love Letter Project"- we ask contributions from the people and the donors will receive a postcard from competitors during the competition in Italy.

We are now asking hang gliding shops to install and maintain the contribution box. The S.E.T.Ibaraki Sky Sports School and Sports Opa Kite Itajiki Shop kindly accepted our request. Thank you very much!!

I am going to stay N. C. Osa paragliding school in Okayama next 2 weeks to support the school job and planning to visit some hang gliding shops in western Japan. If I appear in your shop please give me an opportunity to talk with you.

Your contribution will be much appreciated and it will cheer up us to fly better!


The beautiful contribution box installed in the Sports Opa Kite Shop

日本代表チームへの寄付をお願いします。

イタリアで開催される世界選手権への遠征費が膨大な額になりそうです。航空券、機体の輸送、レンタカー、ガソリン、宿泊費、そしてチームリーダーとアシスタントの旅費まで、ほぼ全額選手が負担します。1人あたり70万円程度になりそうなのです。

そこで私達は、資金を集めるとともに代表チームの活動を知ってもらうため、あの手この手を考えています。
第1弾は名付けて「ラブレター作戦」!
寄付をしていただいた方には、大会期間中にイタリアから選手直筆の絵はがきが届きます。

このための寄付箱をおいてくださるショップを募っています。すでにS.E.T.茨城スカイスポーツスクールスポーツオーパカイト板敷ショップに置かせていただけることになりました。ありがとうございます!!

私は来週から岡山県のN. C. 大佐パラグライディングスクールの手伝いに行くことになっていて、その際に西日本のハングショップをいくつか訪問したいと思っています。私が現れた際には、お話を聞いていただけると幸いです。

応援よろしくお願いします。皆さんの励ましがあってこそ、チームは元気づけられ、より良いフライトができるようになるのです。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 22:22:28 «Edit»
2008
04/20
Sun
Category:Hang Glider

XC 250km Project Closed 

The beginning of paddy rice season means the end of our ambitious project "WeFFY" that aims to break the free distance record in Japan. Now it is very difficult to fly far away as the most of flatland is filled with wet paddy fields.

We had the closing ceremony today. The best record in this season was 137km by Ota.
The people must be admired the most is the Sakurai family. They are nice couple who flies alternatively and the one who does not fly takes care of their children and retrieved our members. We appreciate a lot for their committed efforts. Thus it is no wonder that their children were honoured for their great job. Thank you!

I also have to appreciate Shigeto who planned this project. I could remember my enthusiasm to fly harder.Thanks a lot!


April 23
Shigeto made a nice album of our activity in this season!
http://www.youtube.com/watch?v=HGLiJpuxDgY

Thanks, little retrievers!
Thank you for planning the nice project!

水田の季節が始まりました。日本国内のフリーディスタンス・クロスカントリー記録更新を狙う野心的プロジェクト「WeFFY」も終了です。平地の水田に水が入った今、遠くに飛ぶのはとても難しくなりました。

というわけで今日は閉会式。今期の最高記録はOta君の137kmでした。
一番評価されるべきは、sakurai一家です。夫婦が交互に飛び、飛ばない方は子供達の面倒を見ながらみんなを回収してくれました。献身的な働きには本当に感謝です。子供達が表彰状を受け取ったのも、当然のことなのです。ありがとう!

それから、この企画をしてくれたShigeto君には本当に感謝しています。おかげで、もっと飛びたいという気持ちを思い出すことができました。ありがとう。

4/23
shigetoが今期のまとめアルバムを作ってくれました。
http://www.youtube.com/watch?v=HGLiJpuxDgY
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:00:00 «Edit»
2008
04/17
Thu
Category:Hang Glider

Winch Towing Field 

Hiroshi@Bird's Eye View hang glider school. and I visited La Mouette Japan Flantland sky sports school.

We are interested in schooling using winch towing system and Mr. Arai, the president, kindly gave us oppprtunities to fly with it. Hiroshi tried it with his Icaro Orbiter and I tried with both Orbiter and my Alpha 3 paraglider.

Set up the glider and start the winch! The very powerful towing machine easily lift us to about 60m high. It was not as scarly as it looks! It is a good system for practicing hang gliders and paragliders in flatland.

Another good thing is that the field locates on the riverbed of Tone River. Here is close to big cities and our sports can be exposed to general public. One of the reasons why our sports have been losing popularity is the isolation from the people. We usually enjoy our sports in the mountainous country side because we are thermal freaks. It is fun but general people have very limited chances to know that flying is not so difficult. They do not know about our sports and just have the vague impression of dangerous sports. I felt I have seen a solution to revive our sports.


Winch Towing with La Mouette Towing System!

Bird's Eye ViewハンググライダースクールのHiroshiさんとラ・ムエッティ・ジャパン フラットランドスカイスポーツスクールを訪ねました。

ウィンチトーイングによるスクールに興味があった私達に、社長のAraiさんは快くトーイングを体験させてくださいました。Hiroshiさんはイカロ・オービターで、私はオービターとパラグライダー(α3)の両方で挑戦。

機体をセットアップして構えたら、ウィンチスタート! 強力なトーイングマシンは、あっという間に60mほどの高さまで引き上げてくれます。見かけはおっかないのですが、全然そんなことはありませんでした。平地でハングやパラを練習するにはとても良いシステムだと思います。

もう一つ良い点は、練習場が利根川の河川敷にあることです。大都市の近くなので、一般の人の目に付きます。ハングやパラの人気が衰退している理由の一つは、普通の人の目に触れないことだと私は考えています。私達はサーマルマニアになりすぎて、いつも田舎の山奥で飛んでいます。とても楽しいのですが、飛ぶのはそれほど難しくないということを普通の人が知る機会はほとんどありません。ハングやパラについて知ることはなく、漠然と危ない遊びだと思われてしまうのです。今日は私達のスポーツの人気を取り戻すヒントをもらった気がします。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:00:03 «Edit»
2008
04/15
Tue
Category:Hang Glider

Road to Nagano 

Weather forecast suggested the probably the final good day in this season.
Itagaki (ATOS-VQ)decraled to reach Nagano beyond Gunma.
kosaka (ATOS-VS), mazda (ATOS), and I (LaminarZero7) joined the journey.
But the visibility was so bad that we could not see even 10km ahead.

We took off and climbed with rough and tight thermals. Then gatherd Mt. Kaba and started gliding to the west.
Nothing shaked our wings for 10km...
We scratched low above a park but gradually lost our altitude.
I fell off the first and landed on the riverbed of Kokai river. Just 13km from take-off...
It was not different from the glide ratio of my glider...

Mazda landed just ahead of me. Kosaka landed 15km ahead of us. Itagaki flew 10km more.

Itagaki's ATOS VQ

天気予報は、今シーズン最後の好条件を告げていた。
Itaさん(ASTOS-VQ)は群馬を越えて長野まで行くぞと息巻いている。
kosakaさん(ATOS-VS)とmazdaさん(ATOS)と私(LaminarZero7)も一緒に旅に出る。
しかし視程が悪く、10km先もろくに見えない。

テイクオフして、荒れた小さいサーマルをなんとか上げきる。加波山に集結して西に発射。
10kmほど、翼はぴくりともしない。
公園の上でもがくものの、次第に高度を失っていく。
私は一番に脱落し、小貝川の河川敷に降りました。13km。滑空比そのまんまですな。。。
mazdaさんは私のすぐ先、kosakaさんはさらに15km、itaさんはそのさらに10km先に降りましたとさ。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 22:25:42 «Edit»
2008
04/14
Mon
Category:Hang Glider

Japan Championship Day 4 

Finally a good day comes!
Clear sky, nice cumulus clouds, and light wind.
A 86km task was set as:
Ashio Take-off
Start Circle 38km entry to the TP1
TP1 Niida Station (42km north)
TP2 Igashira Park (18km SWS)
GOAL Sekijo Airport (26km SW)

As usual I had to launch early as I am the lowest ranked pilot.
The lifts were strong and I could climb easily to 1600m, and moved to near the start circle...
Bang! What a rough air! Around the start circle it was so turbulent that I experienced detensioning flying wires for several times. Oh, Do I have to wait here for more than 40 minutes, until the start gate opens at 12:15?! I endured there, telling myself "when it is hard for me.it is hard for everybody, too!"

But being surrounded by many other hang gliders and even paragliders competing in the neighbour site, I lost my concentration. At 12:15 my altitude was mere 1300m but what I was thinking was only "I can escape from here!"

I crossed the 5 km wide valley of Iwase town and made a low scratch above Mt. Tomiya. Many gliders are passing above me. Oh, the second group also passing! I am still scratching...

When I gained some altitude there were only a few pilots around me. We were all struggling t
o proceed but the condition was so poor. We could see a very obvious convergence lime. a thick line of culouds about 5 km east of the course. I wished to get to there but it seemed too far from my altitude.

We repeated some low scratches and short glides, but we lost our "mates" one by one. I thought there will be no bright perspective any more. I shifted my course toward east little by little and once I got some altitude I dare to glide toward a golf course that seemed a nice thermal trigger. Yes, I hit a good thermal and it was drifting to east! From the thermal top I glided to the east and touched the convergence line. There were already another competitor (Chee) and ATOSes (kosaka and Naito). The lift was as strong as +4m/s and I could reach the 1800m cloud base easily. Then very comfortable dolphin cruising for 20km!!

Yes, we got the first turnpoint. It is 42km away from the take-off and we have to proceed 44km more to south. High clouds were spreading and it seemed still air in the south.
I found a weak lift above the Honda factory and proceed. Above another factory I found another lift and an ATOS came under me. I thought he was yamamoto but later it turned out that actually he was kosaka again, who returned to the Ashio landing fieldand completed 100km out & return!!

After parting with kosaka I got the second turnpoint with himio and proceed with him. But we could not find any more lifts and landed south of Moka city.
My flight distance was 71.0km, 15km to the goal, and I was ranked 21st in this task.

Daimon and other 5 pilots made the goal.
Many pilots dropped just 5 - 10km before the goal.

This was the only one valid task and the next day was cancelled because of the rain. The Japan Championship finished.

20080412tracklog

ついに好条件の日が来た!
青い空に見事な積雲、そして弱い風。
タスクは86km。

足尾テイクオフ
スタートサークルはターンポイント1の38kmエントリー
ターンポイント1: 仁井田駅(北へ42km)
ターンポイント2: 井頭公園(南南西へ18km)
関城滑空場ゴール(南西へ26km)

私は最低ランクからスタートなので、いつものようにすぐテイクオフ。
リフトは強く、簡単に1600mまで上昇してスタートサークルに接近するが。。。
バチーン! ひどい荒れようだ。スタート待ちの空域は恐ろしく荒れていて、4~5回ワイヤーが弛んだ。12:15にスタートゲートが開くまで、ここであと40分も待たなければいけないのか。「俺が苦しい時は、みんなも苦しい」と自分に言い聞かせながら耐える。

しかし、沢山のハングだけでなく、隣のエリアで大会中のパラにまで囲まれて、さすがに集中力が切れてしまった。12;15の時点で高度はわずか1300mだったのに、「これでここから逃げられる」という考えしか頭になく、勢いで発射。

岩瀬の町のある幅5kmの谷を渡って対岸の富谷山を磨くが、沢山の機体が頭上を越えていく。ありゃ、第2スタートの集団まで行ってしまった。

ようやくある程度上げた頃には、周りには数機しかいなかった。みんな前進したくてもがくが、条件が渋すぎる。5kmほど東にははっきりとしたコンバージェンスの雲が見える。しかしこの高さからではたどり着けないだろうな。

渋いリフトを磨いてはちょっと進むの繰返し。「仲間」は少しずつ消えていく。このままではらちがあかない。少しずつ東にコースをずらし、高度を目一杯稼いだところで、思い切って変電所の北にあるゴルフ場に突っ込む。良さそうなサーマルトリガーだ。思惑通りここで良いサーマルにヒット。しかも上手い具合に東に流されて行く。ここから東にえいっと進み、コンバージェンスの雲への接触に成功。すでに先客(ちーちゃん)とATOS(kosakaさんとnaitoさん)がいる。強力な+4m/sで一気に1800m雲底まで上昇。そして快適なドルフィン飛行を20km!

ターンポイントを取った。これでテイクオフから42km。折り返してさらに40km以上進まなければならない。上空に雲が広がり、南の方はいかにも渋そうだ。
ホンダの工場で弱いリフトを見つけ前進。次の工場群でまた回していると、ATOSが入ってきた。yamamotoさんと思っていたが、後でkosakaさんだったことが判明。この後足尾のメインランディングまで帰還し、100kmアウトアンドリターンを達成したそうな。

kosakaさんと別れた後、himioさんと一緒にターンポイント2を取るが、もうリフトはなく、真岡の南にランディング。飛行距離71km、ゴールまで15kmで、この日21位。

daimonさんをはじめ6人がゴール。その手前5~10kmに沢山の選手が降りた。

この1本が唯一の成立タスクとなって、翌日は雨のためキャンセル。日本選手権は終了した。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 22:23:16 «Edit»
2008
04/11
Fri
Category:World Championships

Official Approvement of the National team members 

The Hang Gliding Competition Committee of JHF held their meeting yesterday.
The committee members are all competitors thus their meeting is usually held on a non-flyable day during a competition.
In this meeting our delegate members of the Worlds , class 1 women and class 5 pilots, were officially assigned. I am also assigned as the team leader.
This determination is approved by the JHF board of directors, then JAA (Japan Aeronautic Association), and CIVL (Commission Internationale de Vol Libre). Then finally our team members are officially accepted as the delegates of Japan. What a long story!

Our next step is paying registration fee to the meet organizer. The dead line is 15 April!
I have send the advance money to JHF today and the JHF officer will send it to Italy next Monday.


昨日ハンググライディング競技委員会が開かれました。委員はみんなコンペティターなので、委員会は通常、大会中の飛べない日に開かれます。
今回の会議の中で、クラス1女子とクラス5の世界選手権メンバーが正式決定され、私もチームリーダーとして正式に任命されました。
さらにJHF理事会→日本航空協会→CIVL(国際ハンググライディング委員会)という順に承認を受けて、ようやく晴れて世界選手権参加者と認められるわけです。なんとも長い手続きですな。。。

我々が次にするべきことは、エントリー費の支払い。締切りは4月15日!
今日、私が立て替えてJHFに入金しておき、月曜日には事務局からイタリアに送金してくれる手はずを整えました。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 17:53:45 «Edit»
2008
04/11
Fri
Category:Hang Glider

Japan Championship Day3 

The day started with rain but it cleared up by 10 AM.
Competitors assembled at take-off and the task was set.
Te first turn point is Mt. Tsukuba, 877m ASL, 6.5km south from here.

As I have registered the Hang Gliding Series league for the first time, the priority of my launch order is the last. I had no choice. I staged immediately after launch window opened and took off after the first competitor (Chacky). We got a weak but nice thermal and many others rushed beneath us.

Soon we got the cloud base...yes, very soon.
The lift was made by the sea breeze and cloud base lowered quickly.
Now the summit of Mt. Tsukuba is under the cloud!
Also the overcast clouds weakened the lifts.
Most of competitors landed the sub-landing (paramotor field) or main-landing zone.

Day 3: Looked nice but...


朝は雨が残っていたものの、10時頃には晴れ間が出てきました。
テイクオフに集合し、タスク発表。
最初のターンポイントは南に6.5kmの筑波山、標高877m。

私は今年初めてハンググライディングシリーズに登録したので、最下位スタート。テイクオフの優先順位も最後。タイミングを選ぶ余地などあるわけもなく、ゲートオープンと同時に列に並ぶ。最初の選手(チャッキー)に続いて即テイクオフ。弱いがなかなかのサーマルを見つけて上げ始めると、次々と選手が出てくる。

すぐに雲底に着いてしまった。そう、すぐに。。。
海風が入ったおかげで上がったのですが、同時に雲底も下がってしまったのでした。
筑波の山頂は雲に隠れて見えないし、雲が広がったせいでサーマル活動も弱まってしまいました。
ほとんどの選手はサブランディング(モーターパラ)かメインランディングに降りてしまいましたとさ。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 21:18:59 «Edit»
2008
04/10
Thu
Category:Hang Glider

Japan Championship Day2 

It rains again. Day 2 was cancelled.
I have caught cold since 2 days ago. I felt dead yesterday and went to bed immediately after getting home.
I might have been working too hard these days.
Today is my birthday, the worst birthday ever since.
But I dare to be positive; at least nobody can fly anyway and I have enough time to be cured!

今日も雨。大会2日目もキャンセル。
一昨日の夜から風邪を引いて体調が悪く、昨日は帰って早々に寝込んでしまいました。
ここのところ根詰めて働きすぎていたのかもしれません。
実は今日誕生日なのですが、最低ですね。
でもあえて前向きに考えるなら、どうせ雨だし、風邪で飛べない日に雨が降ってくれてよかったということにしておきましょうか。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 18:00:06 «Edit»
2008
04/09
Wed
Category:Hang Glider

Japan Championship 2008 

The Japan Championship 2008 has started.
I have been looking forward to compete in this event as it is held at my local flying site, Mt. Ashio.
But a violent storm just has passed here yesterday. The rain has stopped last night but strong northerly remained. After seeing off the wind technician being buffeted the day was canceled.
Unfortunately the weather forecast is bad for a few days..
swearing by the defending champion


日本選手権が始まりました。
地元の足尾山で開催されるので、ずっと楽しみにしていた大会です。
しかし、強烈な嵐がようやく昨日去ったばかり。雨は昨夜のうちに止みましたが強い北風が残っています。ダミーがもみくちゃにされるのを見送った後、キャンセルが決定。
残念ながら2~3日天気が悪い予報です。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:00:00 «Edit»
2008
04/06
Sun
Category:Hang Glider

Weekend Warriors 

The free distance record in Japan is 213km, flown by Mr. Ujiie from Mt. Osa in the western Japan in April 2005,

My flying site Ashio and the neighbour Itajiki locate in the Yasato town, Ishioka City in the eastern Japan. Before Ujiie's record effectively all of distance flight records had been made from our town and Yasato is called a mecca of cross country flights. This year my hang glider mates, lead by Shigeto, started the project to break Ujiie's record and revive the honour of our flying sites. Shigeto named the project WeFFY - We Fly Far From Yasato!

Today the weather forecast was so good. The meteorologist Mr. Naito said we can expect to reach Koriyama city (120-130km) for sure and as the head wind after Koriyama might not be too strong you can still go further. It was impressive to see more than 40 hang gliders and 100 paraglider competitors leaving for the north.

I also intended to fly but I was so tired because of the hard work yesterday. After climbing tall trees and retrieving 3 paragliders, I suffered from muscle soreness and lost the confidence to land safely after a long distance flight. So I gave up to fly and volunteered as a retrieval driver.

The day was great!
Four of the WeFFY mates flew over 100km.
The longest was Ota's 137km.
Shigeto flew 123km. Yamadera and Chu also flew 120km.

Minoru launched Itajiki and flew to Kurobane, approximately 70km, then started returning. Although his attempt was blocked by strong easterly and he landed 6km short of the goal, his filght was still great.

Our skygod kosaka flew 111.8km and then tried to return to Yasato. His return trip finished at 72.9km point and total distance was 184km(1TP).

We have many more skygods in our flying sites and I am sure they must made great flights. We need to wait for the further news!

Meteo Briefing at Mt. Ashio Take-off

After Retrieval


日本国内でのクロスカントリー(フリーディスタンス)記録は、2005年4月に大佐山で氏家氏が作った213km。

私のホームエリアの足尾とお隣の板敷は茨城県石岡市の八郷地区にあります。氏家氏に破られるまでは足尾と板敷が日本記録を独占し、八郷はクロスカントリーフライトのメッカと呼ばれてきました。今年、私の周囲のハング仲間は、Shigetoの呼びかけで、氏家氏の記録を破り、八郷の全盛期を取り戻そうという試みを始めました。ShigetoはこのプロジェクトをWeFFY(We Fly Far From Yasato)と名付けました。

今日は最高の予報。気象予報士のNaitoさん曰く、郡山までは確実、その後は向い風だが前進できないほど強くはないので、さらに伸ばせる可能性があるとのこと。40機以上のハングと、足尾の大会に出ている100機のパラが北上する様子は圧巻でした。

私も飛ぶつもりでしたが、昨日の3件のパラ回収で高い木に何度も登ったので疲れ切り、筋肉痛で腕と脚がパンパン。長距離を飛んだ後で安全に降りる自信がないので、残念ながらフライトは断念し、回収ドライバーを買って出ました。

結果、最高のクロスカントリー日和でした。
WeFFYチームでは4人が100kmオーバー。
最長はOta君の137km。Shigetoが123km、YamaderaさんとChuちゃんは120km。

板敷のMinoru君は黒羽まで70kmほど飛んでからリターン開始、あと6kmで板敷に帰還でしたが、最後は東の強風に阻まれたそうです。それでもスゴい。

我らのネ申kosakaさんは白川を超えて111.8km地点からリターン開始、72.9km戻って総距離184km(1TP)だったようです。

この他にもネ申たちが素晴らしいフライトをしたはずですが、今のところ情報がありません。続報を待ちます。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:00:00 «Edit»
2008
04/05
Sat
Category:Paraglider

Ashio XC Challenge - Retrieval?! 

The Ashio XC Challenge, 2 days paragliders free distance competition has started.
Unfortunately the strong tailwind made launching very difficult and also made very turbulent air.
Although I was asked to work as a retrieval driver, I had to rescue the pilots who failed take-off and a pilot who suffered from collapse and hung on a tall tree.
I climbed tall trees to retrieve all those pilots and totally exhausted.
Different meaning of retrieval...

Pilots briefing at Mt.Ashio take-off


2日間のパラグライダークロスカントリー(フリーディスタンス)大会、足尾XCチャレンジというが始まりました。
あいにく山の裏から強風が吹き付ける中での競技となったため、テイクオフは難しく、空中も相当荒れていました。
私は回収ドライバーを頼まれていたのですが、スタ沈したり、翼が潰れて山沈したりした選手を回収することになりました。高い木に何本も登ったのでクタクタになりました。とんだ回収違い。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:00:00 «Edit»
2008
04/04
Fri
Category:Translation

Translation: Thermal Flying 

The reason for my long absence was the finishing work for publishing the Japanese version of Thermal Flying by Burkard Martens.

This book tells us a lot about thermal flying. I could learn quite a lot through translating it and I am feeling that I have become a better pilot. As the translater I have read each and every word carefully and could understand the contents more deeply than usual readers. It is a gift for a translator.

This book is going to be published in late April 2008.
I strongly recommend you to read this book!

Thermal Flying



しばらく更新をさぼっていたのは、サーマルフライング(Burkard Martens著)日本語版の最終校正にかかりっきりになっていたからです。

この本には、サーマルを使ったフライトに関する知識が網羅されています。翻訳を通じて、沢山の知識を身に付けることができました。おかげで以前よりも上手になった気がしています。翻訳者は一語一語吟味しながら読むので、普通に読むよりも内容を深く理解できてしまうという役得がありますね。

刊行は2008年4月末だそうです。
是非ご一読下さい。お勧めです。

tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。